kiseihou
援デリ業者が処罰を受ける原因となる法律の1つとして、出会い系サイト規制法があります。これは主にインターネット上のサービス利用についてさまざまな規制されたものです。

出会い系サイト規制法はサービスから児童を遠ざける法律

携帯電話やインターネットの普及によって、誰でも出会い系サイトにアクセスできる環境になりました。そのために援助交際を始めとするトラブルが多発するようになりました。そこでこのようなサービスの利用を規制し、児童を保護し健全な育成を図るものです。

出会い系サイト規制法は18歳未満の少年少女を対象としており、「インターネット異性紹介事業」にあたるサービスを利用してはいけないことになっています。法的には高校3年生で18歳を迎えたら対象となりませんが、ほとんどのサービスでは高校生であれば利用できないことになっているようです。

また、それ以上の年齢についても、児童を交際・性交の対象として募集することを禁止しています。ほかにも、出会い系サービスの事業者は以下のようなことを義務付けられています。

  • 公安委員会への届け出
  • 利用者に児童がいないことの確認
  • 禁止行為に該当する書き込みを削除する

援デリの場合、児童を装って出会い系サイトや掲示板に援助交際希望の書き込みをしていることで抵触します。

児童を誘致する書き込みだけでアウト 不用意な書き込みに注意

この法律では主に掲示板への書き込みによって処罰されるようです。たとえ、実際にセックスをしていなくても、女子高生を募集するような書き込みをしてしまうだけで危険になるでしょう。「つい書き込んでしまった」では済まなくなることも考えられるため、書き込む内容には十分注意しましょう。

出会い系サイト規制法はおもに児童に関わるインターネット上の書き込みについて規制するものです。例えば、援デリの場合は女子高生を装って援助交際を希望することが原因で処罰されることが多い。利用者はとくに、少年少女を誘致するような書き込みをしないように注意しましょう