blindfolded-girl
援デリで働く未成年の少女はたくさんいます。ほとんどは業者に騙されるような形で始めているようですが、彼女たちにはある程度共通するものがあるかもしれません。

お金がかかる趣味にハマっている

援デリで働く魅力は何と言ってもお金です。それにつられて働き始めてしまう少女はかなり多いでしょう。カラオケやゲーセンなど少女が普通に遊ぶ程度ならそこまでお金は必要ありません。

しかし、例えばブランドものを買うことが好き、タレントの追っかけをしている、オタク趣味があるといった場合はかなりのお金がかかります。お小遣いや学校帰りのアルバイトでは足りないという場合に援デリというリスクを犯し始めてしまうのでしょう。

ギャル系の少女

これにあてはまる場合は、お金は欲しいには欲しいのでしょうが、別の感情が入り混じっていることが多いでしょう。

それが、「悪いことをすることがステータス」という価値観です。夜に怪しい業者の指示で、大人の男たちと寝るということは、彼女たちにとっては「かっこいい」ことにすらなり得るでしょう。

家庭環境があまり良くない

援デリで働く場合は30分や1時間でも客をさばけますが、それでもある程度のまとまった時間が必要です。働く頻度によっては、ほとんど毎日のように夜遅くに帰ることになるでしょう。そのようなケースで親が何も干渉してこないとなると、本人だけでなく家庭環境にも問題があると言えます。

法律や貞操に関する意識が低い

そもそも見知らぬ男性とセックスをすることを良しとする以上、援デリで働くほとんどの少女に共通する要素でしょう。妊娠や性病のリスクに対しての考慮があまりないということが考えられます。

援デリで働くことを始めたきっかけは人によってさまざまでしょう。しかし、どうしてもお金が欲しいから、大人とセックスすることがかっこいいから、親に干渉されないからなど、ある程度のカテゴライズができます。ただし、どのようなタイプであっても、法律や貞操に関して疎い部分があるということは見られるようです。