person-man-sitting-floor
「援デリだろうが何だろうが、セックスができるなら誰でも良い」という認識は決して持ってはいけません。リスクが非常に高く、実際にさまざまなトラブルに巻き込まれた男性もいるようです。

「うっかり」で起きてしまう 援デリで起きうる事件一覧

  • 少女を買春することは、たとえ相手が未成年だと知らなかったとしても「児童売春・」に違反します。援デリ業者も非合法で行っているためあてにしてはいけません。

  • ヤクザや暴力団
  • 業者の正体はさまざまで、個人で行っていることがあれば団体で行っていることもあります。その中でもっとも危険なものが上記でしょう。支払いを渋ることや、少女を傷つけてしまうことがあれば重大なトラブルになるでしょう。そうでなくとも恐喝にあうなどが考えられます。

  • 援デリで働く少女はたくさんの男性とセックスしているため、このリスクはかなり大きくなります。コンドームをしていても感染の可能性はあるため、逃れられるものではなさそうです。

  • 援デリの中でも意外と多いものが、セックスをしている途中や直後に業者が割って入ってきて、因縁をつけてお金を騙し取ってくるパターンです。また、その時は何事もなくても、後になって「妊娠したから中絶費用を払え」と要求してくることもあります。

  • ストーカー
  • 意外なことに、セックスをした少女に付きまとわれるということも多いようです。1日に何度も男性と寝なければならないという過酷な環境にいるからこそ、中途半端な気持ちで優しくして依存されてしまうということもあるようです。

  • 退職
  • 世間に知られれば避けられないでしょう。「バレなければ大丈夫」と思うかもしれませんが、警察に捕まったり、ヤクザや暴力団が自宅に押しかけてきたりなど、職場に知られる出来事が頻繁に起こってしまうものが援デリです。

少女とセックスしてしまった男性は、たいていの場合ろくな目に合いません。心身や金銭、社会的信用などさまざまなものが被害にあうため、援デリは利用すべきではないでしょう。